みなさまの「声」をお聞かせください。 公明党静岡市議会

公明党市議会

平成30年6月議会定例会にて3名が総括質問に登壇! 

平成30年6月27日(水)本会議初日に加藤博男議員と大石直樹議員が登壇。

加藤議員は、初日6番目に登壇し、生産性向上について質問。本議会で条例改正される固定資産税の特例に伴う経済的な効果、設備導入に係る支援制度への周知と市独自の支援内容を質問。また、介護予防についてフレイル予防とは何か、またどのように広めていくのかを質問。最後に首都圏拠点について質問し、田辺市長より、本市の存在感を世界に向け発信していきたいと答弁がありました。 大石議員が加藤議員の次の7番目に登壇。①消防行政について、②消費者行政について、③教育行政についてお聞きしました。①は3市2町(本市と島田市・牧之原市・吉田町・本川根町)の更なる広域化体制に伴い組織体制の強化を述べ予防部設置を要望。②は振り込め詐欺防止に効果がある通話録音装置の補助周知を要望。③はいじめ撲滅について学校・市教委の対応を尋ね厳たる姿勢で事の対処に当たるよう要望しました。 IMG_3621

IMG_3665

翌日28日に長島強議員が総括質問に登壇。

放課後等デイサービスについて、本市の道路照明灯の点検と維持管理についてを質問。いずれもSDGsの理念から質問を展開!

放課後等デイサービスについては、今年4月に厚生労働省にて報酬改定が行われ、多くの施設で事業者の経営が悪化する見通しであることを取り上げると共に、障がい児相談支援事業所の存在が重要であるとし、本市の今後の方針と整備をどうしていくのかを事業者、保護者、障がいをもつ子どもたちの目線に立った一人に寄り添う質問を展開致しました!

また7月3日、4日に各委員会が開催され、山本彰彦代表は厚生委員会にて適応指導教室について質問し、不登校の小中学生を支援する適応指導教室を駿河区に1か所増設する方針を当局が示し、その質問内容が静岡新聞にも掲載されました。

井上智仁議員は企業消防委員会にて消防行政に対し意見要望を展開すると共に監査委員としても議会中も監査に鋭意対応。山梨 渉議員は観光文化経済委員長として委員会の運営を行う重責を担いました!これからも6名全員、全力で静岡市のために働いて参ります!

IMG_3678

IMG_3739

IMG_3777

IMG_3808

                20180710162956440_0001