みなさまの「声」をお聞かせください。 公明党静岡市議会

公明党市議会

2月議会 代表質問

3月5日、本会議において公明党静岡市議会を代表し、井上議員が代表質問をさせて頂きました。

昨年、市長に提出した公明党の予算要望書「KOMEI DEMAND 100」が、26年度予算にどう反映されたかを中心に、45項目に及ぶ質問をさせて頂きました。

これまで訴えてきた「介護ボランティアポイント制度」導入の検討状況に対しての質問に対し、当局より、ボランティア団体の意見聴取や実態調査の実施を行い、今後は27年度導入に向け、詳細な制度設計を検討していくとの答弁がありました。

また、ひきこもり支援拡充についてどう考えているか問いただしたのに対し、当局より26年度は新たな取り組みとして「家族教室」「居場所づくり」などの事業を開始すると答弁がありました。

生活保護者の自立支援や保護に至る前の困窮者の自立支援に向けた取り組みを質問したのに対し、当局より、清水区役所に設置したハローワークを葵、駿河区役所にも拡充し、生活困窮者の自立のための相談窓口を新たに設置する旨の答弁がありました。

DSC_8702